落ち込んでいる人が本来の自分を取り戻していくコーチング

信州の自然に暮らす 内向型ストレングスコーチ、ほしのゆかりです。

2020年3月以降
私たちは生活スタイルの変更を求められ
それに応じてセッションをお申し込みくださる方も
変化しているのを感じています。

それは「変わりたい」や
「自分らしさを表現したい」という思いが
表面化してきている、ということでもあるかもしれません。


人生に起きる「思いもよらない」こと

私たちは人生に対して、こんな「思い込み」を持ちがちです。

「予定通りにすすむ。」
「思うようにすすむ。」

これまで順風満帆であった方もいれば
なかなか思い通りに進まないと感じている人であっても、

人生はいまの状態の連続で、
これ以上ものすごく悪くなったり、
反対にすごく良くなったりはせず
ゆるやかにこの状態が続くはず。

そんな思い込みです。

ところが、
自然災害があるように、
人生は「思いも寄らない」出来事が起きて

これまでの価値観が覆されたり
自分の存在価値を一気に信じられなくなる

そんなことが時折、起きるのです。


人生は良くも悪くも、
このまま進んでいくはずだ。
そして、
自分は今と変わらず過ごしていけるはずだ。


そんな思い込を持っている私たちは、
突然の思いも寄らない事態に遭遇した時に

「うまく対応できない自分」
「思いがけない反応をした自分」

その自分との折り合いがつかず
すべての歯車があわなくなるような体験をします。
これを昔ながらの言葉で「八方塞がり」というのかもしれません。

あなただけじゃない。

これは大抵の人が遭遇する出来事で
ほとんどの場合が「晴天の霹靂」
準備することもできません。

これまでの自分ができたことができなくなり、
こんなにダメな自分だったのか、と絶望的になるかもしれません。


でもそれが人生で、
それが人間です。

こういうこともある。
そういう時期もある。


そう自分に言えると、
もがく時期もありながら、
しなやかにその時を乗り越えていくことができます。


けれどもそれが
「こういうことはみんなにある」だけでは
私たちはなかなか納得感を持てず
乗り越える力とはならないことも多いのが現実です。

「何が起きたのか」自分のことばで振り返る

「自分に一体何が起きたのか」
「自分はいまどういう状態なのか」

納得感をもって感じられるようになるために
思考を整理していくために
「話す」ことがとても有効です。

コーチは
何が起きたのかを整理することをサポートする関わり
「本当に話したいことは何か」を聞き取り促す関わり
今起きている出来事をどう捉えていくのかをともに考える

などをしながら、
その方が本来のちからを取り戻していくまで伴走します。

クライアントの方は
自分の言葉で整理していく
自分の言葉で表現していく

そのプロセスを経て
以前のイキイキしていた頃の感覚を思い出したり
今の自分が感じていることを言語化できるようになったり

これから大切にしていきたい
選択基準が明確になるなどして、

チカラを取り戻していきます。

コーチング以外のアプローチも必要なことがある。


私のセッションを選んでくださる方の中には、
何かのきっかけで一時的に落ち込み、

「もうずっとこのままなのではないか」
「過去の元気な自分が思い出せない」
「歯車がなかなか噛み合わない」と

その状態をどうにかしたいの思いで
申し込んでくださる方が一定数いらっしゃいます。


「小さい頃から落ち込みやすい傾向だった」のがさらに加速した。
という方もいらっしやいますし、

「今年に入って急に」という方もおられます。

2020年3月以降、そのような方が特に増えている傾向です。


ほしのオフィスでは、
コーチングがしっかり機能するための
土台づくりに必要な情報提供やトレーニングを、
状況に応じてご提案しています。


自分自身を受け止めて
ストレスに負けないこころを養い、

その先にある、
「自分らしい選択」
「自分らしい行動」
づくりを伴走しています。


落ち込みが長期間続いている方
医師の診察が必要な方、すでに服薬されている方など
コーチングセッションをお引き受けできない場合もございます。

セッションが気になる方は

ほしのオフィスのコーチングセッションに興味のある方は、
まず「コチラ」の記事をお読みください。

自分にあっていそうだな
受けてみたいな
そんな気持ちが続いているようでしたら、
メルマガにご登録ください。

メルマガ登録いただくと、
2-4日に一度のメール配信がありますので
コーチの性格や人柄がわかります。

このコーチなら大丈夫そうだ。
直接話してみたい。
セッションを受けよう。

そう思われた方はオリエンテーションをお申し込みください。
導入セッションは最短3ヶ月〜、2週間に1回のペースで継続します。
3ヶ月以降は、期間や頻度を相談しながら決めていきます。

無理な勧誘、引き留めなど一切ありません。
ほしのオフィスではICF国際コーチング連盟の倫理規定に沿って
サービスのご提供をしており、守秘義務を順守しています。
安心してお話しください。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です