自分を支えるコンパッションの力

信州の自然に暮らす
内向型×ストレングスコーチ
ほしのゆかりです。

ほしのオフィスでのコーチングでは、クライアントの状況に応じて様々なワークを提案させていただきます。

そのなかでも、わたしが大好きなワークがあります。
それが「自己受容をすすめるワーク」です。

自己受容ができている・できていないにかかわらず、このワークを日常に取り入れることで、自分の根っこを強くしてくれる大切な取り組みです。

以前は「自分をねぎらう」「自分をいたわる」などの自分自身への声かけを考え、自分に伝えるというワークなどを取り入れていましたが、今年からそのワークに「セルフコンパッション」を導入しています。

目次

コンパッションとは

コンパッションと聞くと、

  • 甘え
  • 困難な状況からの逃げ
  • 成長を阻むもの

と、捉える方も多いのですが、実は、そうではありません。

コンパッションは、困難な状況でも、その状況から逃げるのではなく、優しさや勇気をもって自分を支え、困難に向き合う力を支えてくれるものです。

セルフコンパッションには、2つの側面があります。

  1. 自分や他者の苦しみに「気づく」
  2. その苦しみをやわらげようと「行動する」

あなたがコンパッションを理解するとき、コンパッションを体現している人をイメージするとわかりやすいかもしれません。

マザーテレサやガンジーが、よく例えとして出てきます。

あなたの身近に、あなたの話をウンウンと聞きうけとめ、応援し、味方になってくれる、そんな人はいますか?

その人はコンパッションを体現している人、コンパッショフルな人と言えます。

私にとってコンパッショフルな人

私の場合、以前の職場(お寺)でお世話になった職人さんを思い出します。

その人は、

「あなたが選んだ道が、いつも最善の道なんやで」
「大丈夫」

と、いつも声がけしてくれました。

わたしはこの仕事が大好きだったのですが、環境には馴染めず、自分の道をすすむために長野に帰ってきました。

帰ってきてしばらくは思うような仕事にもつけず、難しい状況があったのですが、その時にいつもこの職人さんの

「あなたが選んだ道が、いつも最善の道なんやで」

のことばを思い出し、勇気をもらっていました。

その言葉を頼りにしながら、自分自身を励まし、少しずつ歩んでこれた私がいます。

セルフコンパッションとは、そのようなコンパッショフルな存在に自分自身がなり、そのコンパッションを自分や他者にむけることです。

セルフコンパッションが育つと、あるがままの自分にO,Kが出せる自分に対して批判的な態度が減り、自分らしさが引き出されます。


ぜひ、コンパッションを自身に育ててください。

ワークをやってみたいという方は、リクエストいただければ、ご提供しますので、お声がけくださいね。

LINE8日間講座(無料)・LINEコーチング(有料)

自己受容ができている状態は、コーチングが機能する・しやすい状態といえます。
ぜひ効果的にセルフコンパッションを日常に取り入れていただきたいのですが、慣れていない方・初めての方には、文章で読んだり動画をみても1人で実施するにはハードルが高いのも実情です。

そんな方にも気軽にセルフコンパッションの要素を取り入れていただける
【LINE8日間講座(無料)】をスタートしました。

「セルフコンパッションのエッセンスを味わう」
「コーチングの成果をより加速するための準備期間として」
「コーチング継続中の伴走として」
「すべての基盤となる『自己受容力』を高めることに向けて」
も効果的です。(2022年6月スタート)。

LINEサービスは2種類

  1. どなたでも無料で体験できる「LINE8日間講座(無料)」
  2. 文章で読んで自分のペースで進めたい方向け「LINEコーチング(有料)」

ほしのオフィスの公式LINEに登録いただくと無料のLINE8日間講座がスタートします。

まず試してみたい方はお気軽にご登録ください。

サービスの詳細はこちらをCheck!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

期待された役割、刷り込みの役割を演じていると、傍目からみてどんなに恵まれた環境にいても、人は疲弊してしまいます。私自身「自分らしく生きる」「幸せとは」を追求し、仏教を学び、コーチングに出会いました。コーチングを通して、あなたが「あなたらしさ」を取り戻し、発揮していくお手伝いをいたします。

目次
閉じる